• メニュー
  • メニュー

佐川洞/凡一洞

釜山地下鉄1号線と2号線が交差する西面駅から南浦洞の方面の2つ目の凡一駅を降りたところが凡一洞エリア

凡一駅を中心に、現代百貨店、貴金属問屋が軒を連ねている貴金属通り、衣類や靴、帽子、生活雑貨などを取り扱っている在来市の釜山鎮市場、平和市場、自由市場などのショッピングエリアが広がっています。

1960年代までは朝鮮紡織株式会社や市外バスターミナルがこちらに位置していて、釜山経済の中心地でした。今も韓国風のカラオケや飲食店、飲み屋などが密集しており、下町的な雰囲気が漂うここにチャン・ドンゴン主演の「釜山の男の熱い友情」が描かれた映画「友へ/チング」が撮影された国際ホテル、港町釜山の70年代の面影が未だにそっくりそのまま残っているムンヒョンドン(門峴洞)コプチャン(ホルモン)路地などのロケ地があります。

釜山の真ん中に位置する凡一洞は、釜山市民たちの憩い場である子城台(ザソンデ)公園。この公園の敷地には17世紀から韓日の文化交流を担っていた朝鮮通信使の業績を振り返る朝鮮通信使歴史館があります。

チャムスッコルワンカルビ

チャムスッコルワンカルビ

凡一洞にある焼肉ファミリーレストラン 韓国のグルメと言えば、やはり炭火で焼く香ばしい味の牛肉の焼肉ですが、プサンロッテホテルがある地下鉄の西面(ソミョン)駅から2つ目の凡一洞(ボムイルドン)駅の近くに地元の人でいつも賑わうファミリー向けの焼肉屋さんがあります。...

凡一洞貴金属通り

凡一洞貴金属通り(ゴールドテーマ通り)

凡一洞(ボムイルドン)貴金属通りは釜山地下鉄1号線の凡一駅(ボムイルヨッ)10番出口と平和卸売市場の間のゴールドテーマ通りに沿って、ゴールドシティ貴金属商店街とセール貴金属商店街をはじめ、ラッキー、金塔、釜山ゴールド宝石商店街など500余店あまりの貴金属関連商店が集まっています。 凡一洞貴金属通りの入口には「ゴールドのテーマ(Gold...

釜山平和卸市場

釜山平和卸市場

釜山鎮区は古い大型在来市場が多くありますが、その中で地下鉄1号線凡一洞(ポミルドン)駅の現代デパートの向かい側に拡がる大型市場、平和市場(平和卸売市場)があります。...

現代百貨店

現代百貨店 釜山店

100年近くの歴史を持つ専門市場である釜山鎮市場など、卸売市場が近所に位置する釜山地下鉄1号線の汎一洞(ポミルトンン)駅に大型高級百貨店、現代百貨店釜山店があります。...

BIFC 釜山国際金融センター

BIFC 釜山国際金融センター

門峴(ムンヒョン)金融団地に位置する地下4階、地上63階建ての高さ286メートルの釜山国際金融センター(BIFC)は、海雲台マリーンシティにある海雲台斗山We’veザ・ゼニス (301m、80階)と海雲台I’PARK(292m、72階)に次ぐ釜山3番目の超高層ビルです。...

子城台公園

子城台公園

こんにちは、釜山地下鉄1号線の凡一駅の2番出口から徒歩10分ほどの場所にある子城台公園は、文禄・慶長の役(壬辰倭乱、1592~1598年)の際に築城された倭城の址を釜山市民たちの憩い場として造成された都心公園です。子城台公園には、1974年に造った建春門(ゴンチュンムン)、金壘關(グムルクァン)、鎮南台(ジンナムデ)と共に、文禄・慶長の役に築かれた二段の日本式の城壁が残っています。...

朝鮮通信使歴史館

朝鮮通信使歴史館

17世紀から韓日の文化交流を担っていた朝鮮通信使の業績を振り返ってみる朝鮮通信使歴史館が2011年4月21日子城台公園の敷地に開館しました。 通信使の「通信」というのは現在使っているような意味ではなく、「信じる気持ちで相互交通」するという意味でした。韓国から日本に向かった通信使のことを日本では「朝鮮通信使」と呼び、その後、通信使の訪日は1607年から1811年まで計12回に及びました。...