釜山グルメ

釜山グルメ

1950年に勃発した韓国動乱の際に一時的に韓国臨時首都として機能を担当していた山あり海ありの釜山(プサン)は、避難民たちによって釜山郷土料理がもっと発達するようになりましたが、その中でもテジクッパ、ミルミョンなどが釜山市民たちに現在まで愛されています。また、ナッチポックン、ヘムルタン(海鮮鍋)、貝焼きなどの海鮮類と、テジカルビ、サムギョプサルや、ホルモン焼きなど、同じ料理を作っているグルメ通りなどが釜山で繁盛しています。

旅行かご
Checkout
https://www.busannavi.jp/bbs_contact?mode=write&board_action=write
X