韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
釜山旅行ガイド釜山エリア東莱・トンネ

東莱・トンネ

釜山の古き歴史が感じられる東萊

東莱・トンネ 釜山の中心部に位置し、昔、釜山を東萊邑と呼んだことからも歴史的にも重要な地域です。区の中心の山には山城・東萊邑城(トンネウプソン)があり、1592年の文禄・慶長の役の際にはここで日本軍との激戦が繰り広げられました。その時、戦死した将軍及び兵士の魂は忠烈祠(チュンニョルサ)に祀られています。

東萊はまた、古くから温泉地としてもよく知られています。虚心庁(ホシムチョン)やホテルなどの大型温泉施設の他にも街には東萊スパトピアや東萊スパシティーという足湯があって誰もが気軽に温泉を楽しめます。

温泉地から山の方へ向かうと金剛(クムガン)公園があり、市民の憩いの場所となっています。ここから金井山に上がるケーブルカーがあるので、時間があれば登ってみるのもいいでしょう。金井山城(クムジョンサンソン)にもつながっています。

社稷(サジッ)野球場はプロ野球ロッテ・ジャイアンツの本拠地で、シーズン中には多くの野球ファンが集まってきて、ロッテならではの独特な応援文化が見られます。東萊の食べ物と聞いて真っ先に思い出されるのは何と言っても東萊パジョンでしょう。東萊に来たらぜひ食べてみたい料理です。

基本情報→観光スポット 虚心庁、忠烈祠、東莱市場、金剛公園、釜山海洋自然史博物館
グルメ→ 東莱ハルメパジョン
祭り→ 東莱邑城歴史祭り