BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ
奈勿王陵
奈勿王陵

奈勿王陵

新羅の古代国家としての基盤を作り上げた新羅第17代王の王陵

こんにちは、新羅千年の都、慶州市内に2000年12月ユネスコから世界文化遺産に指定された五つの慶州歴史遺跡地区のうち、新羅の王、王妃、貴族たちが眠っている小高い古墳が山々のように密集している大陵苑地区と、かつての新羅当時の王宮だった月城地区が見事に現在まで古代国家の栄枯盛衰を物語っていますが、西月城の丘陵を降りたところに新羅第17代国王、奈勿(ネムル)王(在位356~402)の古墳があります。

直径22メートル、高さ5.3メートルの円墳で周りの古墳より規模が小さい奈勿王陵の奈勿王は、金氏としては新羅13代の味鄒王につぐ2番目の王になります。これまでは、朴氏と昔氏、金氏の三つの性が交代で新羅の王になったが、奈勿(ネムル)王以降は金氏が新羅の王位に就くようになり、新羅は事実的に金氏の国になります。

奈勿王から新羅が完全な古代国家としての地位を得られ、高句麗、百済、伽耶と共に4世紀の朝鮮半島の主導権を争う重要な国家として位置づけするようになりました。

新羅の56名の王のうち、古代国家形成に少なからぬ影響を与えた奈勿王陵にも足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか

基本情報
スポット名 奈勿王陵
住所 慶北 慶州市 校洞 14
경상북도 경주시 교동14
入場料 無料
詳細情報 史跡第188号

行き方
古墳公園の大陵苑を後ろにして正面を見たら世界遺産慶州歴史遺跡地区と書いてある碑があります。そこの左手の歩道をまっすぐ歩いていたら左に東洋最古の天文台・瞻星台があり、そこの右手に月城に行く道路があります。そこをまっすぐいたら右手に鶏林があります。あの右角を曲がっていくと向こうに奈勿王陵が見えます。

BOGYU PARK

日本語通訳案内士 LICENSE NO. 2020-05-0149

※上記の記事は取材時点での情報を元に作成しています。 現地の事情によって今とは内容が異なる場合がありますので、ご了承ください。

コメント登録

口コミを作成する

https://www.busannavi.jp/contact