世界遺産 南山圏 慶州 新羅石仏 遺跡地図

慶州南山 七仏庵

キョンジュナㇺサンチルブルアム 경주남산칠불암

8世紀に彫られた統一時代の素敵な慶州南山の石仏!

慶州南山は青空博物館と呼ばれるほど、石仏、摩崖仏、石塔、石灯籠、蓮花台座などの数多くの仏教遺跡が綺麗な姿で残っています。特に東南山の統一殿のほうから約1時間ほど山上ったところには南山で最も美しく大きい磨崖石仏群が祭られている七仏庵(チルブルアム)があります。南山の仏教遺跡のうち、唯一に国宝(312号) に指定されている七仏庵(チルブルアム) 磨崖石仏群(マエソッブルクン)は、高さ5メートル、幅8メートルの大きな岩肌に浮き彫りに彫刻された三体仏と、その前にある柱状の岩に刻まれた四面仏を合わせて七仏庵と呼んでいます。

慶州南山 磨崖石仏群

慶州南山 七仏庵
慶州南山 七仏庵

磨崖石仏群の本尊仏の手の結ぶ方が統一新羅時代に造られた国宝第24号の石窟庵(751年)と同じく降魔触地印にしており、そのふっくらとした身体が似ていることから8世紀のものと推定しています。

宝物第199号の神仙庵(シンソナン)磨崖菩薩半跏像(マエボサルバンガサン)

慶州南山 神仙庵 磨崖菩薩半跏像
慶州南山 神仙庵 磨崖菩薩半跏像

また、七仏庵から岩盤の上を10分ほどさらに上がっていくと見晴らしの素敵な断崖絶壁に彫られ、まるで雲にも乗っているような宝物第199号の神仙庵(シンソナン)磨崖菩薩半跏像(マエボサルバンガサン)があります。東に突き出た岩肌を光背の形に薄く掘り出し、そこに高さ1.4メートル程度の磨崖菩薩半跏像を浮き彫りにしました。8世紀後半のものと推定しています。

基本情報
スポット名 慶州南山 七仏庵
住所 慶尚北道 慶州市 南山洞 山36-4(七仏岩キル 201)
경상북도 경주시 남산동 산36-4(칠불암길 201)
電話番号 054-771-7142
詳細情報 慶州南山七仏庵磨崖仏像群 国宝 第312号 / 慶州南山神仙庵磨崖菩薩半跏像 宝物 第199号

行き方:慶州市外バスターミナルから統一殿(トンイルジョン)バス停まで座席バス11番(仏国寺行き)で約30分。統一殿から七仏庵まで登山道を約1時間30分

投稿ユーザー

パク ボギュ

コメント

皆さんのコメントを待っています^^ コメントを投稿するにはこちらをクリックしてください。