三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像 | 釜山ナビ
韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像
三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像

三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像

釜山旅行ガイド韓国遺跡地図世界遺産三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像

巨大な自然岩壁に6メートルの高さで立体的に掘り抜かれた磨崖仏!

高さ7メール、幅5メートルの巨大な自然岩壁に6メートルの高さで浮き彫りに刻まれたこの石仏は、南山の座仏の中でもっとも大きい釈迦如来坐像として知られています。製作年代は8世紀半ばごろだと推定。

スポット名三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像
삼릉계곡 마애석가여래좌상
住所 慶尙北道 慶州市 南山循環路 341-126(ベ洞 山 72-6)
경상북도 경주시 남산순환로 341-126(배동 산 72-6)
詳細造成時代:8世紀半ばごろ
市道有形文化財158号/ 1982.02.24