校洞法酒 | 慶州 | 釜山ナビ
韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
釜山旅行ガイド慶州校洞法酒

校洞法酒

慶州校洞韓屋マウルにある地酒の名所

校洞法酒
校洞法酒

校洞法酒 (キョドンポプチュ)は、慶北慶州市の校洞(キョドン)に位置している富豪の崔家に代々に受け継がれる祕傳のお酒です。校洞法酒 (キョドンポプチュ) が造り始めたのは、李氏王朝の肅宗(1661∼1720)の時、宮廷料理を担当した官庁の管理であった崔グッジュさんの時でした。

校洞法酒
校洞法酒

造りの基本は、崔家の庭にある井戸の美味しい水を汲み上げ、くみたての水を沸かして一度沸騰させた熱湯を冷ました水とこうじ(麴)、法酒の主な原料であるもち米で造りますが、最初の段階から酒の熟成まで約100日程度が所要されますが、出庫される法酒は、9ヶ月から1年ぐらい熟成させたお酒で、賞味期限は、冷蔵保存にして約1ヶ月(出庫日基準)ぐらいだそうです。

法酒の色は澄んだ薄い黄色がかっており、穀酒の独特な美味と程よい酸味、 香りよく軽快なコクのあるお酒です。 アルゴルは16度~18度で、李氏王朝時代に官僚や使臣の持て成しに使われたお酒でした。

校洞法酒
校洞法酒

法酒の名前の由来は、決まっている法に従って醸されたお酒、またはお寺で、もち米、菊、松葉を入れて、100日間、地に埋め熟成させたお酒のことを法酒と呼ばれた説もあります。

重要文化財第86-다号に指定されている慶州校洞法酒は、慶州林鶏の崔家の秘酒で、嫁にだけ伝承される醸造法です。 現在は崔グッジュさんの8代孫のお嫁である裵永信(ベ・ヨンシン)さんが製造機能保有者として登録され、40年間、伝統的な手づくりの酒を醸し続けています。

営業時間:08:00~20:00
休日:年中無休
住所:慶尚北道 慶州市 校洞 69番地
電話:(054)772-2051
カード:VISA、Master、AMEX、JCB
日本語:可

コメントを作成します