世界遺産 慶州 慶州名所 朝鮮時代 民俗村 良洞民族村圏 観光スポット

良洞民族村

ヤンドンミンソッマウル / 양동민속마을
慶州良洞民族村
慶州良洞民族村
李氏朝鮮時代の儒教文化と韓国伝統の家並みがそのまま残っている慶州北部に位置する民俗村!

仏教文化が栄えた千年新羅(紀元前54年~935年)の都、慶州市内から東北方に約20キロほど離れている良洞民俗村は、李氏朝鮮時代(1392~1910)の儒教文化と韓国伝統の家並みがそっくりそのまま残っており、2010年、安東河回マウルとともにユネスコ世界文化遺産として登録された今も儒教文化の習わしを守りながら生活し続けている民俗村です。

1984年、重要民俗資料第189号に指定されて村全体が大切に保存されているこの村には韓国伝統の瓦葺の両班家屋や藁葺きの家屋が約150余戸が並んでいます。

その中には建てられて200年も過ぎた古い家屋の100余戸があり、無忝堂(宝物第411号)、香壇(宝物第412号)、観稼亭(宝物第442号)を初めとする貴重な文化財に指定されている建築物も約30余戸があります。

現在、観光客の立ち入り禁止となっている香壇(宝物第412号)

観稼亭(宝物第442号)

無忝堂(宝物第411号)

月城孫氏と驪江李氏の両家の両班(ヤンバン:韓国の昔の支配・特権階級にあたる)一族(同姓集落)によって15世紀~16世紀ごろから造成された良洞民俗村は、村の主峰である雪蒼山(ソルチャンサ)の文章峰から伸びる勿字形の4本の尾根と谷間に家屋が建ち並んでいます。

そのうち、村の宗家や瓦の屋敷のほとんどが高台に位置し、藁屋は平地に位置しています。 村の西南に近隣して流れている兄山江(ヒョンサンガン)と広い安康平野、勿字形の山の地勢は風水地理によれば、富をもたらす地形だと言われており、朝鮮中期の儒学者である東方五賢(金宏弼、鄭汝昌、趙光祖、李彦迪、李滉)の一人である晦斎・李彦迪(フェジェ、イ・オンジョク)先生もこの村で生まれました。

山の谷に沿って広がっている独特な韓国伝統の家並み、李氏朝鮮時代の儒教思想や古くからの慣習が今も受け継がれている民俗村です。

基本情報
スポット名 良洞民族村
住所 慶尚北道 慶州市 江東面 良洞里 94(道路名住所:楊東マウルキル 134)
경상북도 경주시 강동면 양동리 94(도로명주소:양동마을길 134)
電話番号 民族村体験案内 054-762-2633
時間 観覧時間4月~10月 19時(入場締め切り18時)
/10月~3月 18時(入場締め切り17時)/慶州市民は無料
休業日 なし
入場料 大人4,000ウォン、青少年2,000ウォン、子供1,500ウォン
サイト http://yangdong.invil.org

【良洞民俗村への行き方】
KTXが停車する新慶州駅で出発する203番バスは、慶州市外ターミナルを経由して良洞民俗村へ向かいますが、新慶州駅から出発する203番バスの便数が少なくて、慶州市外バスターミナルから出発する203番バスを利用したほうが便利です。
203番 慶州市外バスターミナル → 慶州良洞民俗村 → 玉山書院 → 慶州良洞民俗村
(出発時間は現地の事情により、変更となる場合もあります。)

投稿ユーザー

パク ボギュ

5 コメント

皆さんのコメントを待っています^^ コメントを投稿するにはこちらをクリックしてください。