倭城ツアー(順天と泗川倭城・晋州城)

説明

世界文化遺産の街、慶州を日帰りで思う存分巡るツアー

全羅南道・順天市(シュンチョンシ)から慶尚南道・蔚山市(ウルサンシ)まで続く海岸ベルトには、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の際に築き上げられた16世紀の倭城が多く残ってあり、かつての歴史を今に伝えています。

南海岸の各地に残っている日本式の城のうち、最西部に位置する全羅南道・順天市の順天倭城は、慶長の役(豊臣秀吉による二度目の朝鮮出兵)に小西行長らが率いる14,000兵と明・朝鮮連合軍が2度にわたって、最後・最大の戦いが繰り広げられた倭城です。

泗川の戦いで有名な釜山市と順天市のほぼ真ん中に位置する泗川倭城と付近の泗川朝明軍塚をまわり、壬辰倭乱(文禄の役)の最高の激戦地としても有名は晋州城をまわります。

ツアー代 2名以下 175,000ウォン
3名以上 130,000ウォン 1名当たり
 所要時間  約10時間30分所要
 ツアー日程 釜山市内ホテル出発→順天倭城(スンチョンウェソン)→食事→泗川倭城(サチョンウェソン)→晋州城(チンジュソン)→熊川安骨倭城 →釜山へ
釜山市内ホテル出発 8時
順天倭城

1598年(宣祖31年)、順天倭城に駐留した小西行長の日本軍と朝鮮と中国の明連合軍の激しい攻防戦が繰り広げられた倭城!

泗川倭城

文禄の役の時(一度目の朝鮮出兵、1592年)、李舜臣将軍が泗川湾に初めて亀甲船を出船させ、日本水軍との「泗川沖海戦」が繰り広げられた泗川市にある倭城。

晋州城

文禄の役文禄の役(一度目の朝鮮出兵、1592年)の際、最も激しい攻防戰が繰り広げられたお城。

熊川安骨倭城

文禄の役の際、小西行長が長期間にわたって駐屯した熊川倭城から東南へ直線距離で約5キロほど離れている安骨倭城 は、城壁の長さ594メートル、高さ4〜7メートル、城内の面積は約16,529m²(5000坪)程度のお城であり、外郭部には土のお城の痕跡が残っています。

釜山市内ホテルへ 18時30分ごろ
旅行条件
催行人数最少催行人数:大人2名様~(受付は大人1名様~)
年齢制限制限なし
子ども無料参加満3歳まで
含まれるサービスツアー中の車両、日本語ガイド、駐車代、高速代、食事代、入場料
ツアー参加者3名以下の場合は、日本語ドライバーガイドがご案内いたします。
車両混載
ピックアップ場所釜山市内各ホテル
ピックアップ時間は異なりますので必ずメールをご確認ください。
お支払いツアー代金は、基本的に韓国現地でのウォンになりますが、円の支払いも可能です。
責任天災地変、又は本ツアーにて提供していない原因による事故などに関しては一切責任を持ちません。
キャンセル規定お客様のご都合により予約を変更・キャンセルなさる場合は、以下の通り違約金をご請求いたします。
※利用日の1営業日前~ ツアー料金全体の50%
※利用日当日~ ツアー料金全体の100%
※予約センターの営業時間外のキャンセル依頼は翌営業日のキャンセルとして扱われます。
※相当日の予約変更につきましても、キャンセルと同等の扱いとなりますのでご注意ください。
ツアー主催プサンナビ
専用車ツアーのご相談
このツアーは貸し切りの欲張りオーダーメイドツアー(日本語ドライバーガイド)でもご利用いただけますので、下記のフォームに各事項をご入力の上、送信をお願いします。
ご連絡可能な連絡先を入力してください。

レビュー

レビューはまだありません。

“倭城ツアー(順天と泗川倭城・晋州城)” の口コミを投稿します

韓国釜山の天気

雨の可能性
今日 09/20 30%
High 23° / Low 21°
雨
明日 09/21 90%
High 24° / Low 19°
所により曇
土曜 09/22 10%
High 26° / Low 18°
所により曇
日曜 09/23 0%
High 25° / Low 18°

直近のイベント

10月
4
6:00 PM 第23回 釜山国際映画祭(2018)
第23回 釜山国際映画祭(2018)
10月 4 @ 6:00 PM – 10月 13 @ 9:00 PM
第23回 釜山国際映画祭(2018) @ 海雲台の「映画の殿堂』 | Busan | 大韓民国
今年で第23回目を迎える2018釜山国際映画祭が10月4日午後6時開幕式を皮切りに、13日まで開催されます。 76カ国323本の作品が招待され、海雲台の「映画の殿堂」、CGVセンタムシティ、ロッテシネマセンタムシティ、ソヒャンシアターセンタムシティ、メガボックス海雲台(ジャンサン)など5つの映画館で上映されます。 開幕式は同日午後6時から釜山海雲台「映画の殿堂」の野外舞台で俳優のハン・ジミンとキム・ナムギルの司会で進行されます。 開幕式のハイライトであるレッドカーペットでは、イ・ ナヨン主演、ユンジェホ監督の開幕作「ビューティフルデイズ(Beautiful Days)」のイ・ ナヨンをはじめ、多くの俳優と監督、製作会社の関係者などが参加する予定です。 2018年の釜山国際映画祭は13日閉幕作として香港のウォン・ファピョン監督の「葉問外傳」の上映を終わりに幕を閉じます。

カテゴリー

釜山ナビのSNS