BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

超大型クルーズ船の乗客、船上で入国審査を受ける

来年から釜山港など韓国に入港する超大型クルーズ船の乗客は、船上で入国審査を受けることができるようになった。

国会法制司法委員長のキム・ドウプ議員は、「超大型クルーズ船観光客に対する事前船上入国審査予算1億500万ウォンを来年度予算案に反映した」と13日に明らかにした。

事前船上入国審査は、平均乗客が5千600人以上の超大型クルーズ船に乗船して韓国に入国する外国人観光客の入国審査を船上で行うものだ。

超大型クルーズ船の釜山寄港は今年15回行われ、来年も16回寄港することが確定した。

クルーズ船が国内港に滞在する時間が平均8時間しかないため、事前船上入国審査を実施すれば、それだけクルーズ乗客が韓国で観光する時間を増やすことができると期待される。

キム議員は昨年6月、船の高さが65mであるクルーズ船であるベリシマ号が高さ63mの釜山港大橋を通過できず、出入国審査場のある釜山港国際旅客ターミナルではなく、影島クルーズターミナルに入港せざるを得なかったという事実を聞き、関連予算確保に乗り出した。

キム議員は法務部に要請して予算2千400万ウォンを確保し、今年7月から最近までベリシマ号が12回釜山港に入港する際、事前船上入国審査を行うことができるようにした。

キム議員は「超大型クルーズ船の乗客に対する迅速な入国審査手続きで、釜山の外国人観光客誘致と地域経済の活性化に大きな助けになるだろう」と述べた。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-11-14 20:32 · 閲覧数 350
全体 0

全体ニュース 237
https://www.busannavi.jp/contact