BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

復活した明洞、外国人観光客のお気に入り旅行地1位...理由は?

新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けたソウル明洞が、再び外国人観光客のお気に入り観光地1位に浮上した。

韓国文化観光研究院が最近発表した「2023年外国人観光客調査第2四半期結果(暫定値)」報告書によると、4~6月に韓国を訪れた外国人観光客は「最も良かった訪問地」としてソウル明洞(14.5%)を挙げた。

続いて、ソウル景福宮(8.5%)、弘大(7.3%)、江南(4.5%)、Nソウルタワー(2.9%)と、1~5位をすべてソウル観光地が占めた。ソウル東大門(2.3%)も7位で10位以内に入った。

済州(2.6%)は6位、釜山(2.5%)は7位、南怡島(2.3%)は9位、海雲台観光特区(2.3)は10位で、ソウル以外では釜山と済州が外国人が好む観光地であることが分かった。

都市別訪問率も「ソウル」が82.0%で最も高く、続いて釜山・京畿・済州の順だった。ソウル訪問率は2019年(78.4%)よりもさらに増加し、観光客のソウル選好現象がより深刻化したと分析される。

明洞は近くに大型百貨店やロードショップ、グルメ店が立ち並び、ショッピングとグルメを楽しむのに適した場所だ。近隣の人気観光地である青瓦台(チョンワンジョン:청와대)や景福宮(キョンボックン:경복궁)などの古宮や博物館、展示館などを巡るのも良い。ホテルやゲストハウスなどもあり、便利に旅行を楽しむことができます。

観光客は韓国旅行中に参加した活動として「ショッピング」(78.9%)を最も多く挙げた。続いて「グルメ観光」(73.2%)、「自然景観鑑賞」(52.2%)の順だった。

最も満足した活動としては「グルメ観光」(61.3%)を挙げた。続いて「ショッピング」(59.6%)、「自然景観鑑賞」(39.9%)などの順だった。

旅行者は韓国で「香水、化粧品」(59.4%)を最も多く購入したと答えた。次いで「食料品」(52.0%)、「衣類」(51.9%)の順だった。ただし、化粧品と食料品の購入比率は、コロナ19以前である2019年同期に比べやや減少した。衣類と靴、バッグのショッピングは増加傾向を示した。

外国人観光客の韓国内のショッピング場所は「ロードショップ」(41.3%)、「百貨店」(38.3%)、「大型ショッピングモール」(37.7%)の順だった。2019年同期に比べて「ロードショップ」の利用は減少(56.3%→41.3%)し、「百貨店」(19.0%→38.3%)は増加した。

外国人観光客の第2四半期の平均滞在期間は9.9日で、2019年同期に比べて2.6日増加した。 特に中国人の滞在期間が8.3日から15.9日に大幅に増加した。1人当たりの支出費用も1日平均344.6ドル(45万6000ウォン)で、2019年同期の227.8ドル(約30万2000ウォン)より大幅に増加した。


ソウルの明洞

BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-11-14 07:48 · 閲覧数 227
全体 0

全体ニュース 237
https://www.busannavi.jp/contact