BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

外国人が選ぶ釜山のホットスポット10選

Fantastic Drone Show!
広安里ドローンショー

毎週土曜日の夕方、広安里海水浴場の空にカラフルな星が浮かび上がる。500台以上のドローンが集まり、色とりどりの光を放つ。ドローンは毎週変わるテーマに合わせてパフォーマンスを披露する。刺身、オムクなど釜山の代表的な食べ物を模したものもあれば、6-25戦争を追悼する絵を作ることもある。時にはサムスンなどの企業とコラボして商業広告を出すこともある。イランから来たファルナズさんは「このような幻想的なショーは初めて」とし、「技術と創造性、そして楽しさに満ちた釜山を最もよく見せる見どころ」と広安里ドローンショーを評価した。

 

Best Sunset Spot!
多大浦海水浴場

白くて細かい砂は多大浦海水浴場の自慢。海水浴場の横には海岸散歩道も造成されている。海雲台や広安里ほど知られていないので、比較的閑散としているそうだ。赤道ギニアから来たビセンテさんは「釜山最高の夕日の名所」と言いながら、「釜山のビーチの中で一つだけ推薦するならば、迷うことなく多大浦海水浴場を挙げたい」と話した。

 

Enjoy Busan in one day!
釜山シティツアーバス

シティツアーバスに乗って釜山の観光名所を巡る。釜山駅から出発して海雲台方向に行くレッドラインと釜山駅から出発して五六島側を通るグリーンラインの2つの路線があります。毎日9回、決まった時間に運行しているので、時刻表を参考すればいい。インドから来たカブヤさんは「限られた時間で釜山の魅力を満喫できる最適な方法」と話した。

 

Flying in the Busan sky!
松島岩南公園ケーブルカー

ケーブルカーに乗って海を渡るときの爽快感。直接体験してみないと説明できない。ケーブルカーは松林公園から岩南公園まで1.62kmを運行する。ウズベキスタンから来たマックスさんは「ケーブルカーに乗っていると、まるで空を飛んでいるような気分になる」と言い、「釜山に外国人の友達が遊びに来たら必ず連れて行く場所」と親指を立てた。

 

Memory-Culture-Pleasure
釜山市民公園

釜山市民公園は、以前はキャンプハイアリア(Camp Hialeah)と呼ばれていた。6-25戦争後、在韓米軍の釜山司令部基地として使われたからだ。それから60年以上経った2014年、公園になって市民に返還された。中国から来たジュギョイェさんは「ここは釜山市民の憩いの場」とし、「季節によって花祭りなど様々な行事が開かれるので、時期に合わせて行けばより豊かな見どころが見られる」と説明した。

 

The serenity of 1,000 years
梵魚寺テンプルステイ

梵魚寺は海印寺(ヘインサ:해인사)、通度寺( トンドサ:통도사)と共に嶺南3大寺院に数えられる。最近ではテンプルステイスポットとして有名になっています。特に外国人に人気満点だそうです。コロンビアから来たカミラさんは「釜山の秋の風情を満喫するのに最高の場所」と言いながら「周辺の風景が美しく、何気なく写真を撮っても素敵な写真が撮れる」と笑った。

 

Colorful Village
甘川文化村

6-25戦争当時、避難民が山腹を切り開いて村を作ったのが始まりだった。2009年、村は美術プロジェクトに選ばれ、活気を取り戻し始めた。フィリピンから来たジンさんは「村まで行くバスがまるで探検のようだ」と話し、「村に到着すると色とりどりの素敵な風景が広がる」と語った。

 

The Biggest Karaoke in Korea
社稷(サジク)野球場

野球の街」釜山では、「どのチームを応援しますか」という質問はよく聞く。生まれた時からロッテの血が流れているのに、どのチームを応援するのか、質問自体が間違っている。釜山市民を捕まえて聞いても、社稷野球場にまつわる思い出一つくらいは持っている。釜山カモメ」「帰ってきてください釜山港へ」のような応援歌が鳴り響くと、社稷野球場は巨大なカラオケに変わる。このような風景が外国人の目にも新鮮だったようだ。ロシアから来たジェニーさんは「野球の試合を楽しむことはもちろん、釜山の応援文化を学ぶことができる場所」とし、「釜山に住むなら一度は行くべき場所」と強調した。

 

Healing Space in the city
F1963

F1963は工場を意味するFactoryの頭文字「F」と高麗製鋼が初めて工場を建てた年である1963年を合わせて誕生した名前だ。2008年までここは吊り橋や自動車タイヤなどに使われるワイヤーロープの生産工場だった。今はその建物だけが残り、文化複合空間として生まれ変わった。中国から来たジュキョイさんは「美術品展示空間から竹林の道、カフェや本屋が入った都心の中の癒し空間」とF1963を紹介した。

 

Day and Night are different
龍頭山公園

毎年新年を迎える市民の鐘、花畑に設置された花時計が観光客を迎えてくれる。龍頭山頂上の釜山タワーは、ソウルNタワーよりも先に建てられたという。イランから来たファルナズさんは「釜山港大橋と釜山市内を見下ろすことができる釜山の代表的なスポット」と話した。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-11-12 09:02 · 閲覧数 238
全体 0

全体ニュース 233
https://www.busannavi.jp/contact