釜山ニュース

釜山ニュース

オンラインに押される釜山の大型流通店舗...住商複合施設を推進

釜山で大型百貨店とショッピングセンターが閉店し、その跡地に複合住宅のような高層ビルの建設が相次いで推進される。

1日、流通業界などによると、釜山市釜山鎮区西面中心街に位置するNC百貨店が来年5月に閉店する。

建物のオーナーである大宇建設がNC百貨店西面店の運営会社であるイーランドリテール側に契約終了を通知した。

再契約が不発になり、NC百貨店ソミョン店は来年5月までだけ運営することになる。

地下4階、地上6階、総面積8万2千645㎡規模のNC百貨店ソミョン店には、ファッションと外食ブランド200余りの企業が入居し、ソミョン商圏の一軸を担ってきた。

大宇建設は最近、NC百貨店西面店の跡地に地下8階、地上46階、4棟規模の住宅複合建物を建設することを釜山鎮区に申請した。

海雲台区新都市に位置するNC百貨店海雲台店の建物も最近売りに出され、不動産開発の可否に関心が集まっている。

2005年12月に竣工したNC百貨店海雲台店は、海雲台区左洞に地下6階~地上12階規模で建設された。

大型ショッピングモールであるホームプラス海雲台店と伽耶店、蓮山店が相次いで売却された。

売却された敷地には住商複合ビルなどが計画されているという。

釜山都市ガスが建設会社に土地を売却したメガマート南川店も来年6月30日まで営業する。

メガマート南川店を買収した大宇建設コンソーシアムは、住宅施設開発を構想している。

釜山地域の流通業界の関係者は「流通市場でオンライン消費の比重が大きくなり、百貨店やショッピングモールなどのオフライン店舗が縮小している」とし、「売却された大型ショッピング施設は周辺商圏と交通などインフラが整備され、住宅開発需要が高い場所」と述べた。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-12-02 22:34 · 閲覧数 234
全体 0

全体ニュース 245
旅行かご
Checkout
https://www.busannavi.jp/bbs_contact?mode=write&board_action=write
X