2019年3月22日
  • メニュー
  • メニュー
慶州孝峴洞三層石塔
慶州孝峴洞三層石塔

慶州孝峴洞三層石塔

KTXが停車する新慶州駅の付近に位置する統一新羅時代の典型的な三重石塔です。

こんにちは、慶州のいたるところには花崗岩で作られた三重石塔がありますが、慶州市内からKTXが停車する新慶州駅へ向かう途中に位置する高さ4.06メートルの孝峴洞(ヒョヒョンドン)三層石塔は、9世紀に建立された統一新羅時代の典型的な三重石塔です。

石塔の周辺は耕作地として使われ、石塔以外には何も残っていませんが、李氏朝鮮時代の「東京雜記」と「三国史記」によると新羅時代の哀公寺址と見込んでおり、周辺に新羅第23代の法興王陵があります。宝物第67号。

 

基本情報
スポット名 慶州孝峴洞三層石塔
경주효현동삼층석탑
住所 慶尙北道 慶州市 외외2길 33(孝峴洞)
경상북도 경주시 외외2길 33(효현동)
詳細情報 宝物 第67号