韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
チャガルチ市場の新東亜水産物総合市場
チャガルチ市場の新東亜水産物総合市場

新東亜水産物総合市場

釜山旅行ガイド釜山グルメ新東亜水産物総合市場

生き生きとした魚の見学もでき、新鮮な刺身も味わえるチャガルチ市場の水産物総合市場

こんにちは、カモメの飛ぶ釜山に遊びに来たら、新鮮な海鮮料理が食べたくなりますね。釜山は海に面している港だけに海の幸が楽しめるエリアがいくつかありますが、その中でも釜山駅や釜山国際旅客ターミナルからもそれほど遠くない場所に釜山の観光スポットの一つとして人気を博している魚介類専門市場のチャガルチ市場があります。

いつも買い物客や観光客で賑わっている市場には、美味しいお刺身が食べられる大きな建物が2軒があり、特に市内バスが通る道路沿いに6階建ての新東亜水産物総合市場があります。

この市場の1階に入ると今、海から魚を釣ってきたような生き生きとした魚が入った小さい水槽がたくさんあり、商人たちの呼び込みや魚の勢いに包まれる水槽の間を歩くだけでも港町ならではの活気のある雰囲気を体いっぱいに感じることができます。また、目で楽しませてくれたヒラメ、クロソイ、タコ、ホヤ、カニ、アワビ、サザエなどの魚を水槽の中から選び、その場でさばいて、お刺身にして美味しく食べることもできますが、ご飯やメウンタン(魚の辛いチゲ)などの料理は1階ではなく、この建物の3階で食べることができます。

もし、1階で買った魚を3階で食べたら魚代とは別に席代として4,000ウォンがかかりますね。

1階の刺身屋

2階の乾物市場

3階の刺身センターと地下1階の庶民的な食堂街

2階は、乾物屋がぎっしりと並ぶ乾物市場があります。韓国お土産の定番の韓国海苔の種類は、意外と少ないのですが、スルメ、昆布、わかめ、ドライフルーツ、エイの干し物、お酒のつまみにもなりそうなスナックなどがいっぱいあります。また、2階の入口に郵便局もありますので、購入された買い物を日本に簡単に送ることもできます。

地下1階には庶民的な雰囲気の食堂街があります。

釜山地下鉄1号線が走っている表通りを挟んで国際市場と向かい合っているこの市場の中を若干見回るだけでもパワー溢れる釜山観光ができます。

3F 刺身センター
2F 乾物市場
1F 刺身屋
地下1F 庶民的な食堂街

 基本情報
 スポット名  新東亜水産物総合市場 신동아자갈치종합시장
 電話  051-246-7500
 営業時間  午前 6時~午後 9時
休業日 毎月第2、第4火曜日、旧正月・秋夕(韓国の旧盆)当日と次の日

行き方:地下鉄1号線のチャガルチ駅の10番出口を出ると農協のハナローマートがあります、そこを通り過ぎ、最初に左角を曲がって進むと路線バスが通る一方通行路があります。そこの右手にある大きい建物が新東亜水産物総合市場です。

コメントを作成します