• メニュー
  • メニュー

Tag - 忠淸北道

元祖中央塔マックッス

元祖中央塔マックッス

こんにちは、忠淸北道 忠州市で新羅時代に作られた唯一な七重石塔があり、1592年、慶尚道からソウルに至るもっとも早い道だと言われた嶺南大路の鳥嶺峠を超えて進軍した豊臣秀吉の朝鮮出兵の祭、激しい戦闘が繰り広げられた彈琴台が位置する忠州市で味わえるマックッスです。蕎麦粉で作った麺が特徴の冷たい麺料理で、その地方によって作り方や食べ方などが少し違うですが、忠州市のマックッスは、体に優しい健康野菜・そばの芽が入ったマックッスです。 メニュー  メミルサッマックッス/메밀싹막국수 そばの芽入りのマックッ​  水マックッス6,000ウォン ビビッマックッス6,000ウォン...

忠州高句麗碑展示館

忠州高句麗碑展示館

こんにちは、1階建ての忠州高句麗碑展示館は、5世紀に高句麗が刻んだ高句麗碑を保存・展示するために2012年に開館されました。忠州は、高句麗の時期には国原城だったのですが、新羅がこの地域を取り戻した後に中原京に改称しました。中原高句麗碑の中原は、忠州市と中原郡に分離されていた時期に発見されたので、一般的に「中原高句麗碑」とも呼ばれたりもします。 韓国で内唯一に残っている高句麗の忠州高句麗碑は、高句麗の第20代の長寿王(在位:413年 – 491年)が南漢江流域にあった複数のお城を攻略して落とした後に建てた記念碑として知られており、1979年、忠清北道 忠州市...

清州古印刷博物館

清州古印刷博物館

世界で最も古い金属活字本で、ユネスコ世界記録遺産に登載された「白雲和尙抄錄佛祖直指心體要節]」を印刷していた高麗時代の興徳寺址の上に建立された古印刷専門博物館です。省略して呼ばれる「直指心經」または「直指」は、高麗末・1377年に仏教の最高の徳目といわれる「禅」の内容を集めて印刷したこの活字本は、世界初の金属活字と知られたドイツの「グーテンベルク聖書」より70年進んだものですが、本物の「直指」は、現在フランス国立博物館に保管されています。...

清州百済遺物展示館

清州百済遺物展示館

忠淸北道 淸州市に位置する史跡第319号の清州シンボンドン百済古墳群の近くに設立された百済遺物専門展示館です。1999年に着工し、2001年11月29日に開館した百済遺物専門展示館は、1982年から1996年までシンボンドン一帯百済古墳群から発掘された土器と馬具·鉄器·剣などの遺物900点余りを展示しています。 清州シンボンドン百済古墳群は、4-6世紀代の百済古墳群が密集・分布する地域で、今まで6回の発掘調査を通じて韓国中部圏最大の百済古墳群として知られています。 基本情報 スポット名 清州百済遺物展示館 住所 忠淸北道 淸州市 興德区 一循環路438番キル 9...