寺院 新羅寺院 機張郡 釜山スポット

長安寺

ジャンアンサ / 장안사
釜山機張郡の北部に位置する渓谷が美しい仏光山の裾に位置している風の音が静かな寺院
長安寺
長安寺

海抜659メートルの仏光山の長安寺は、新羅の文武王13年(673年)に元曉大師が創建して、双渓寺と呼びましたが、新羅のエザン王(809年)の時、長安寺と改名したと伝えられています。

壬辰倭乱の時、(1592年)すべてが焼失されましたが、1631年、朝鮮王朝の仁祖8年にウォルゾ大師が再建し、1987年にはまた、新しく重創されました。

長安寺 境内には、大雄殿、冥府(ミョンブ)殿、應真(ウンジン)殿、山神閣などあり、1988年に伝統寺刹として指定されました。 四天王象がある天王門を潜ると正面に釋迦如來三尊仏と後仏仏画、シンジュン仏画などが奉安された大雄殿かあり、左に應真殿、右に冥府殿があります。

長安寺
長安寺

本尊仏が祭られている大雄殿は、八角の屋根で正面3棟、側面 2棟のもので、1974年12月28日に慶尚南道指定記念物第118号と指定されましたが、1995年3月1日釜山広域市に編入されることにより、釜山広域市記念物37号と再指定されました。大雄殿のすぐ前には、釋迦牟尼の真身舎利7個が収められている3重の石塔があり、大雄殿の後ろには竹の森の中に山神閣があります。

大雄殿は朝鮮時代の1654年に建築された建物で、宝物第1771号に指定されており、宝物第1606号の機張長安寺石造釋迦如來三仏坐像があります。

基本情報
スポット名 長安寺
住所 釜山機張郡長安邑長安里598番地
부산광역시 기장군 장안읍 장안리598번지
電話番号 051-727-2393
入場料 無料

投稿ユーザー

パク ボギュ

コメント

皆さんのコメントを待っています^^ コメントを投稿するにはこちらをクリックしてください。

カテゴリー