2019年10月24日
韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
釜山旅行ガイド釜山スポット沙上生活史博物館

沙上生活史博物館

洛東江と共に生きてきた沙上区民の生活を垣間見ることができる小さな博物館

こんにちは、釜山と西地方を結ぶ交通の要衝地として重要な役割を果たしている釜山沙上に位置する生活史博物館です。釜山地下鉄2号線の沙上駅から一つ目の駅である德浦駅から徒歩10分ほどの場所にある3階建ての沙上生活史博物館は、その名の通り、沙上区民たちが実際に使ってた生活用品を収集、展示し、近代釜山の経済を牽引してた沙上工業団地の過去、現在、そして新鮮なしじみが採れた洛東江の自然環境の移り変わりを様々な視覚で紹介した博物館です。3階にある三つの展示室では、沙上区の歴史、昔の生活、近代化、沙上区の現在、未来を物語っています。

この沙上生活史博物館の目の前には在来市場である德浦市場があり、博物館の前を流れていく洛東江の三楽川の上流へ約3キロほど行った場所には美味しいじみスープが味わえるしじみスープ通りもあります。

スポット名 沙上生活史博物館
사상생활사박물관
住所 釜山市沙上区洛東江大路 1258番地 36(三楽洞)
부산시 사상구 낙동대로 1258번지 36(삼락동)
電話番号 051-310-5136  FAX 051-310-5139
時間 09:00~18:00(入場締め切り17:30)
休業日 毎週月曜日、1月1日、旧正月と秋夕連休
入場料 無料
パクさん
パクさん