2019年5月24日
  • メニュー
  • メニュー

釜山ニュース

空港で出国が便利になる指紋·静脈の生体認定で身元確認

今年中に身分証明書なしに空港に来ても指紋や手のひらの静脈で身元を確認して海外に出国できるようになる見通しです。

国土交通部によれば、昨年金浦空港など国内線のみで運営されていた生体情報の身元確認サービスを仁川空港の国際線にまで拡大する計画だと明らかにしました。 乗客が指紋や手のひらの静脈など生体情報を事前に登録し、空港で生体認証すれば、身分証明書がなくても出国場に入場できます。

現在、全国14の空港で国内線を利用する際、出国場に入る際にはサービス利用できますが、早ければ今年10月からは、航空機搭乗直前の身元確認時にもサービスを利用できます。

国際線を利用する仁川空港にも早ければ今年中に生体認定サービスが提供されます。国土部は法務部の自動出入国審査登録情報などを活用し、事前生体登録がなくても搭乗手続きが可能な生体認識システムを仁川空港にも構築する予定です。

入国場の免税店も今年上半期初めて設置されます。 仁川空港1ターミナル2ヵ所、2ターミナル1ヵ所の計3ヵ所の入国エリアに中小企業の免税店が導入されます。

BUSANNAVI BUSANNAVI · 2019-03-13 12:41 · 閲覧数 4537 社会・文化
全体 0