釜山機張郡に建立される釜山総合撮影所、2021年工事着工へ – 釜山ナビ
韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

釜山ニュース

釜山機張郡に建立される釜山総合撮影所、2021年工事着工へ

釜山機張郡の釜山総合撮影所の建設が本格化される見通しだ。釜山撮影所は機張郡の陶芸観光ヒーリング村91万7690平方メートルのうち24万9490平方メートルの敷地に建物延べ面積2万229平方メートルの規模で建築される予定だ。

撮影スタジオ3棟(4950㎡、3225㎡、2235㎡)と映像支援施設(6348㎡)、製作支援施設(1157㎡)、アートワーク施設(2314㎡)、屋外撮影現場(7万7000㎡)などが造成され、仮想現実(VR)を活用した3D撮影などブロックバスター級映画製作の活性化を図り、韓国の映画産業だけでなく、釜山映像産業の新しい跳躍の為の踏み台となると期待を集めている。

映画振興委員会によると、2021年に着工し、2023年に完工する計画で、釜山市と機張郡は釜山撮影所の建設が期間内に無事に完成できるように、積極的に支援する方針だ。
2019-12-17 09:37 · 閲覧数 704 釜山(プサン)
全体 0