2019年6月20日
  • メニュー
  • メニュー

扶蘇山城

プヨ市内の北側にあり、遊覧船が通う白馬江(白村江)の川辺にある小高い山・扶蘇山(106メートル)に造られた百済時代の山城です。扶蘇山城は、538年、百済の26代の聖王が熊津(ウンジン、今の公州)から泗沘(サビ、今の扶余)に都を移した後、660年、百済が滅亡するまで123年間、百済の都だったところで、当時はサビ城と言われました。城内はゆっくり散策ができるように綺麗に整備されおり、落花岩(百花亭)、三忠祠、半月楼、軍倉址、泗泚樓、皐蘭寺、迎日楼などの文化財があります。

2015年、百済歴史遺跡地区の一か所としてユネスコ世界遺産になりました。

基本情報
スポット名 扶蘇山城
住所 忠淸南道 扶余郡 扶余邑 官北里 33
충청남도 부여군 부여읍 관북리 33
電話番号 041-830-2511(扶余郡 文化財事業所)
時間 9:00~18:00
入場料 大人2,000ウォン/学生1,100ウォン/子供1,000ウォン
交通 プヨ市外バスターミナルから約徒歩10分ほど