韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
国立金海博物館
国立金海博物館

国立金海博物館

釜山旅行ガイド韓国遺跡地図国立金海博物館

洛東江流域を拠点にし、鉄器文化を発展させた伽耶の歴史の息吹が感じられる国立金海博物館

釜山の西部に流れている洛東江流域を中心に6世紀中頃まで日本との交流や鉄の文化を栄えた伽耶という6カ国の連盟国がありました。

6カ国の伽耶のうち、大駕洛(金冠伽耶)の建国説話が潜められている龟旨峰の麓に位置する国立金海博物館は、伽耶諸国の文化財を主に展示しており、釜山慶南地域の先史時代の遺跡や伽耶の成長基盤となった弁韓地域の遺物を展示しています。

1998年7月に開館した国立金海博物館は、古代国家の伽耶諸国の文化財を保存・展示するために地上3階地下1階の規模で開館しました。建物の外壁を黒レンガでつくり、「鉄の王国 カヤ」のイメージを思う存分に生かしています。伽耶諸国は朝鮮半道の古代国家に比べて遺跡や歴史資料が乏しいことから、最新考古学的な研究で伽耶時代を描いています。

1階と2階の常設展示室には先史時代と伽耶時代の遺物を展示しています。

1階の展示室には、洛東江流域の先史時代における伽耶文化を触れ合うことができる狩猟や漁労の道具と採集、農耕、青銅剣などの遺物が展示されており、泗川市沖の勒島で出土された犬の骨、金官加耶、阿羅伽倻、小伽耶、大伽耶の遺物と咸安郡の馬甲塚の遺物が展示されています。

2階の展示室には、伽耶時代の装飾と農耕の遺跡、そして、伽耶時代の文字や記号、様々な戦争の用品が展示されており、野外展示場にはドルメン(支石墓)や昌原市の茶戶里遺跡地から発掘された伽耶時代の墓である石棺墓などが展示されている。博物館の周辺には、首露(スロ)王妃陵と大成洞古墳群などがあり、鉄の王国の伽耶時代の香りが漂う伽耶の街を徒歩でも見学ができます。

基本情報
スポット名 国立金海博物館
住所 慶南金海市龟山洞232番地
경남 김해시 구산동 232番地
電話番号 (055)320-6800
時間 平日午前10時から午後6時まで/土・日・休日:1時間延長/夜間:毎週土曜日(4月~10月、午前9時から午後9時まで)
休業日 1月1日、旧正月、秋夕、毎週月曜日
入場料 無料
サイト http://gimhae.museum.go.kr/html/jp/

行き方: 釜山地下鉄2号線の沙上(ササン)駅から出た場所にある釜山-金海軽電鉄沙上(ササン)駅で軽電鉄を利用し、国立金海博物館駅で下車する 1004番急行バス 西面のプサンロッテホテル&ロッテ百貨店の前または釜山駅地下鉄7番出口を出たバス停留場にて座席バス1004番を利用。1004番は、釜山駅から出発して、金海龟山洞(김해구산동)が終点となる金海行きの座席バスです
(運行間隔約10分、料金1,800ウォン(釜山市内) 200ウォン(釜山から金海まで足を伸ばした場合の追加料金)総料金2,100ウォン)