韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
淸海鎮張保皐遺跡地
淸海鎮張保皐遺跡地

淸海鎮張保皐遺跡地

釜山旅行ガイド韓国遺跡地図淸海鎮張保皐遺跡地

偉大な海上帝国を夢見ていた新羅の将軍・チャンボゴの遺跡地

1984年9月1日、史跡第308号に指定された淸海鎮張保皐遺跡地は、統一新羅時代において、清海大使・張保皐(チャンボゴ・?~846年)が1万の軍を率いて海上貿易を繁盛させた場所として知られています。

828年(新羅・興德王3年)、清海大使に任命され、軍事1万人を率いて青海に陣を設置して中国の海賊を一掃する一方で、中国と日本の間での海上貿易の覇権を握り、偉大な海上帝国を夢見ていた張保皐は、韓国ドラマ「海神(ヘシン)チャン・ボゴ」にも製作され、多くの観光客も訪れる遺跡地です。

当時の遺跡としては、海中に木の杭で作られた防栅があり、1万人の食水として使っていた青海井、土城の一部が残っており、瓦の破片なども出土されました。2008年2月には、こちらの張保皐記念館が開館しました。

基本情報
スポット名 淸海鎮張保皐遺跡地
住所 全羅南道 莞島郡 莞島邑 長佐里 734
전라남도 완도군 완도읍 장좌리 734
入場料 無料
詳細情報 史跡 第308号
交通 行き方:莞島バスターミナルから一般タクシーで約10分所要