2019年3月22日
  • メニュー
  • メニュー

咸平禮德里新德古墳群

こんにちは、韓国の南西部に位置する光州広域市から北西へ車で約30分ぼどの場所にある咸平禮德里新德古墳群は、5世紀末の前方後円墳1基と7世紀の百済係の石室墳1基の2基が隣接して南北に造成されています。

1991年、盗掘による国立光州博物館の緊急発掘調査で確認された韓国初めての前方後円墳としても知られています。南側の前方後円墳の規模は全体直径51メートルで、祭祀施設の方形部が25メートル、埋葬施設の円形部が30メートルであり、遺物として、銀装三角穂式鉄鉾・捩り環頭大刀(倭系文物)、装身具(百済系文物)飾履などが出土されました。

基本情報
スポット名 咸平禮德里新德古墳群
住所 全羅南道咸平郡月也面礼徳里山176番地
전라남도 함평군 월야면 예덕리 산176번지
入場料 なし
詳細情報 全羅南道記念物第143号
時代 5世紀末
指定 1992年 03月 09日