韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
釜山旅行ガイド韓国遺跡地図鳳凰洞遺跡貝塚展示館(金海会峴里貝塚)

鳳凰洞遺跡貝塚展示館(金海会峴里貝塚)

金海鳳凰台に位置する三韓時代の貝塚

金海鳳凰台のフェヒョンリ貝塚(史跡第2号、1963 1 21指定)は、韓国で最初に発掘調査された遺跡です。この貝塚は、鳳凰台の東麓の東西に長いひょうたん型の小さな丘陵の上に位置しています。規模は東西の長さ120メートル、南幅30メートル、高さ6メートル程度であり、自然岩石に露出された中央部2箇所の貝塚のほかにほとんどの貝塚は草で隠れており、東と南には木々で茂っています。貝殻は丘陵の頂上部を中心に、南と西に集中的に厚く積もっているに比べ、東と北の頂上部は薄く積もっています。

過去の発掘現場はひょうたん型の丘陵の東と西の両方の頂上部の周りを中心に発掘されました。1907年今西龍によって初めて試掘された以来、 1914年(鳥居龍藏)、1915年(黑板勝美)、1917年(鳥居龍藏)などに部分的な発掘が続き、1920年(浜田耕作ㆍ梅原末治)、1934年と1935年(榧本杜人)によって本格的な発掘調査が行われました。

1920年の発掘の祭に、王莽の「新」王朝の貨幣「貨泉」が発掘されてこの貝塚の上限年代が明らかになりました。また、一緒に発掘された炭化米は、韓国の稲を研究するために非常に重要な資料となっています。

1934年12月から1ヶ月にわたって榧本杜人が発掘した墓は、この貝塚の東の頂上部周辺に位置しています。調査の結果、支石墓1基、石棺5基、甕棺3基と竪穴住居址・炉址・石の堤防が発掘されました。特に3基が発掘された甕棺のうち、第3号の甕棺から碧玉製管玉2点と細形銅剣2点、銅鉇8点が出土されました。

鳳凰洞遺跡貝塚展示館
鳳凰洞遺跡
基本情報
スポット名 金海会峴里貝塚(金海貝塚)
김해회현리패총(김해패총)
住所 慶尚南道 金海市 鳳凰洞 158
경상남도 김해시 봉황동 158
時間 午前9時から午後6時まで
入場料 無料
年代 青銅器時代~鉄器初期
規模 90,295㎡
史跡 1963年1月21日