2019年5月20日
  • メニュー
  • メニュー

新羅石仏

慶州 菩提寺

慶州 菩提寺

ボリュームのある統一新羅時代の石仏が美しい! 世界的な文化遺産が街のあちこちで見かけることができる慶州ですが、釜山とソウルを結ぶ京釜高速道路の慶州の料金所を通過した右側に新羅時代から信仰されてきた500メートル弱の南山(ナムサン)があります。 あの山には新羅時代の息吹が感じられる石仏像や石塔、古墳などが山の隅々にたくさん残っており、新羅時代の仏教遺跡を求めて山登りをする場所としても有名な山です。 南山の東の山麓に世界遺産である石窟庵の石仏とほぼ同時代に造成されたと伝わる4.36メートルの慶州 南山 弥勒谷...

骨窟寺

骨窟寺

新羅千年の古都、慶州の代表的な仏教遺跡地といえば、世界文化遺産である南山、吐含山の仏国寺と石窟庵などがありますが、慶州の中心部から東海岸の方面に約20キロほど離れている含月山の裾に韓国唯一の石窟寺院と呼ばれる骨窟寺(コルグルサ)があります。 新羅仏教が繁栄した6世紀頃、インドから来た聖人光有和尙の一行が自国の寺院様式を踏まえて創建された骨窟寺(コルグルサ)は、掘りやすい石灰岩の一番の上に浮彫に刻まれた高さ4メートル、幅2.2メートル程度の磨崖如来佛(宝物第581号)と仏像をまつった12石窟を掘って、独特な伽藍配置をした石窟寺院です。  ...

甘山寺

甘山寺

亡き父母のために建立したと伝わる統一新羅時代の寺院 新羅の都、慶州観光のメインと言えば、吐含山(トハムサン)の麓と中腹に位置している「世界遺産」仏国寺と石窟庵観光が定番ですが、あの吐含山の南西麓に石窟庵の石仏より造成年代が早いと言われる二体石仏で有名なお寺があります。 慶州市内から蔚山方面へ30分ほど車で走った7番国道を左折したところに掛陵がありますが、あの掛陵を前を横切って吐含山の山麓へ2キロくらい入った場所に小さな甘山寺(カムサンサ)があります。 金堂に8世紀初期の石造石造毘盧遮那仏が奉られています。...

慶州南山 七仏庵

慶州南山 七仏庵

8世紀に彫られた統一時代の素敵な慶州南山の石仏! 慶州南山は青空博物館と呼ばれるほど、石仏、摩崖仏、石塔、石灯籠、蓮花台座などの数多くの仏教遺跡が綺麗な姿で残っています。特に東南山の統一殿のほうから約1時間ほど山上ったところには南山で最も美しく大きい磨崖石仏群が祭られている七仏庵(チルブルアム)があります。南山の仏教遺跡のうち、唯一に国宝(312号) に指定されている七仏庵(チルブルアム) 磨崖石仏群(マエソッブルクン)は、高さ5メートル、幅8メートルの大きな岩肌に浮き彫りに彫刻された三体仏と、その前にある柱状の岩に刻まれた四面仏を合わせて七仏庵と呼んでいます。 慶州南山...

慶州石窟庵

石窟庵

石窟庵は吐含山の中腹に白い花崗岩を組み合わせ、人工的に造成された人工の石窟で、インドや中国の石窟寺院の影響をうけたものです。仏国寺から吐含山頂上に約4キロ程度のぼった地点にある石窟庵は、国宝第24号に指定されており、1995年、仏国寺とともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。 751年、新羅35代の景德王の時に着工され、完成まで30年という歳月がかかった石窟庵の中心部には高さ3...