2019年6月26日
  • メニュー
  • メニュー

新羅

慶州鮑石亭址

慶州 鮑石亭址

慶州西南山に位置する鮑石亭(ポソクジョン)は、新羅時代の風流を知る場所でありながら、新羅千年の幕が降ろされたと伝わる悲劇の場所でもある遺跡地です。 行き方:500、501、503~508番バスに乗り鮑石亭で降りる。案内板に従って進み、駐車場を抜けると鮑石亭の入口が見えます。 スポット名慶州 鮑石亭址경주 포석정지住所慶尚北道 慶州市 拝洞 454-3 경상북도 경주시 배동 454-3...

三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像

三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像

巨大な自然岩壁に6メートルの高さで立体的に掘り抜かれた磨崖仏! 高さ7メール、幅5メートルの巨大な自然岩壁に6メートルの高さで浮き彫りに刻まれたこの石仏は、南山の座仏の中でもっとも大きい釈迦如来坐像として知られています。製作年代は8世紀半ばごろだと推定。 スポット名三陵溪谷磨崖釈迦如來坐像삼릉계곡 마애석가여래좌상 住所 慶尙北道 慶州市 南山循環路 341-126(ベ洞 山 72-6)경상북도...

慶州栗洞磨崖如來三尊立像

こんにちは、慶州市外バスターミナルから兄山江を渡っていくと西岳洞の新羅第29代目の太宗武烈王陵があり、そこから約2.3キロほど行った左の山麓には斗垈里村(栗洞)があります。 この村の裏山を少し上がっていくと8世紀に刻まれた統一新羅時代の磨崖三尊仏が立っています。 高さ3.32メートルの岩盤に刻まれている身長2...

財買井

慶州市 校洞の西側に広いのどかな畑があり、新羅の名将・金庾信(キム・ユシン)将軍の邸宅と推定される家の遺構が史跡として保護されています。そこに金庾信(キム・ユシン)将軍が戦場に向かう際に飲んだ財買井という新羅の井戸が残っています。 三国遺事によると財買井は、金庾信将軍の夫人である「財買夫人」という名前から由来していると伝わっています。 スポット名 財買井 재매정住所 慶尚北道 慶州市 校洞89...

慶州西岳里磨崖石仏

慶州市の西側に太宗武烈王陵(新羅29代王)と西岳里古墳群が位置した三角形の山が仙桃山(ソンドサン)です。新羅人の人々は、仙桃山の頂上付近を西方浄土と考え、ここに阿弥陀三尊仏を刻みました。 彫刻しにくい安山岩に高さ6.85メートルの如来立像を陽刻し、左側には宝冠をかぶって浄瓶を持っている観世音菩薩(高さ4.55メートル)があり、右側には大勢至菩薩像(高さ4...