韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー
釜山旅行ガイド韓国遺跡地図倭城蔚山倭城(鶴城公園)

蔚山倭城(鶴城公園)

韓国代表的な工業団地である蔚山市内に位置する16世紀に加藤清正が築城したお城!

蔚山市内にある蔚山倭城(鶴城公園)は、1597年と1598年に加藤清正らと明・朝鮮の連合軍とのすさまじい攻防戦が繰りひろげられた倭城です。文禄・慶長の役に南海岸ベルトに数多くの倭城が築城されましたが、その中でも釜山から近い東海岸の端に築城された倭城です。

頂上に本丸、西北側には二の丸と三の丸が配された城壁の長さ1,300メートル、高さ10~15メートルの海抜50メートルほどの低い山に築かれ、蔚山市内を貫通する太和江が一望できる蔚山倭城の周辺は開発などで住宅街に変貌されましたが、蔚山倭城の登り石垣や船入址などの遺構は比較的によく残っており、日本からも16世紀の倭城研究者たちが多く訪れます。現在は蔚山市民たちのための運動施設や憩いの空間として利用されています。

三の丸

二の丸

二段城壁

登り石垣

本丸の出入口

本丸

船入口

蔚山倭城の入口

基本情報
スポット名 蔚山倭城(鶴城公園)
住所 蔚山市 中区 ハクソン洞 100
울산시 중구 학성동 100
電話番号 052-229-6350