2019年6月26日
  • メニュー
  • メニュー
太宗武烈王陵
太宗武烈王陵

太宗武烈王陵

金庾信(キムユシン)将軍とともに朝鮮半島統一の基礎を固めた王!!!

慶州の北西側の仙桃山(海抜390メートル、ソンドサン)から南側へ広がる山裾に位置している新羅第29代太宗武烈王陵の金春秋「キム・チュンチュ」は、新羅の初めての真骨出身の王で唐と連合して663年、白村江(はくすきのえ)の戦いで百済を滅ぼし、朝鮮半島統一の基盤を固めましたが、念願の三国統一を目の前に661年6月に陣中で病死しました。

太宗武烈王陵
太宗武烈王陵

史跡第20号

太宗武烈王陵は円周114メートル、高さ8.7メートルで陵の下の土台は自然石を築き上げられ、封墳が崩れるのを防ぐ護石が現在ところどころ露出しています。

古墳の前には武烈王陵碑の亀趺と碑(国宝25号)の上に置く「螭首(ちしゅ)」があります。螭首に太宗武烈王の次男の金仁問の書いた「太宗武烈大王之碑」という文字があるためにこの古墳は「太宗武烈大王陵」ではないかと推定しています。

太宗武烈王陵碑 国宝第25号

真骨:両親が皆王族出身の「聖骨」、片方だけが王族の「真骨」をはじめ、6つの階級がある新羅時代の身分制度「骨品制度」
太宗武烈王(テジョン・ムヨルワン):在位654~661、金春秋「キム・チュンチュ」

基本情報
スポット名 太宗武烈王陵
태종무열왕릉
住所 慶尚北道 慶州市 西岳洞 842
경상북도 경주시 서악동 842
時間 3月-10月 9:00-18:00 / 11月-2月 9:00-17:00
入場料 大人1,000ウォン 青少年500ウォン