2019年5月20日
  • メニュー
  • メニュー

慶州名所

大陵苑・天馬塚

大陵苑・天馬塚

最も大きい規模を誇る新羅時代の代表的な古墳公園である大陵苑・天馬塚 慶州市市内の皇南洞に位置する大陵苑は、木槨の上を大人の頭ほどの丸々の川の石を高く積み上げ、その石が崩れ落ちないように土で固めた4世紀~6世紀の新羅時代の典型的な積石木槨墳が集まっている慶州の代表的な古墳公園です。...

慶州良洞民族村

良洞民族村

李氏朝鮮時代の儒教文化と韓国伝統の家並みがそのまま残っている慶州北部に位置する民俗村! 仏教文化が栄えた千年新羅(紀元前54年~935年)の都、慶州市内から東北方に約20キロほど離れている良洞民俗村は、李氏朝鮮時代(1392~1910)の儒教文化と韓国伝統の家並みがそっくりそのまま残っており、2010年、安東河回マウルとともにユネスコ世界文化遺産として登録された今も儒教文化の習わしを守りながら生活し続けている民俗村です。 1984年、重要民俗資料第189号に指定されて村全体が大切に保存されているこの村には韓国伝統の瓦葺の両班家屋や藁葺きの家屋が約150余戸が並んでいます。...

慶州石窟庵

石窟庵

石窟庵は吐含山の中腹に白い花崗岩を組み合わせ、人工的に造成された人工の石窟で、インドや中国の石窟寺院の影響をうけたものです。仏国寺から吐含山頂上に約4キロ程度のぼった地点にある石窟庵は、国宝第24号に指定されており、1995年、仏国寺とともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。 751年、新羅35代の景德王の時に着工され、完成まで30年という歳月がかかった石窟庵の中心部には高さ3...

真っ赤に染めた秋の仏国寺

仏国寺

華麗な新羅文化の歴史を髣髴させる世界遺産の寺院 慶尚北道 慶州市 吐含山の山裾に位置する仏国寺は、1995年石窟庵のとともに世界文化遺産として指定された韓国の代表的な寺院です。洗練された新羅芸術と新羅の仏教文化をそのまま語り伝える韓国の重要文化財として、境内全体が韓国の史跡及び、名勝地第1号として指定されています。...