区分:大陵苑圏(天馬塚)

大陵苑地区

慶州市外バスターミナルから降りて慶州市内の方へ足を運ぶと山々のような数多くの大きな円墳が目に入ってきますが、まるで慶州市内を占領しているするように正々堂々に立ている新羅時代の王族と貴族たちの新羅ならでは古墳群があります。

慶州観光スポットである天馬塚をはじめとする大小古墳23期が集まっている大陵苑があり、その周辺には7つの新羅の遺跡地があります。

①新羅味鄒王陵(史跡175)②慶州皇南里古墳群(史跡40)③慶州路西里古墳群(史跡39)④新羅五陵(史跡172)⑤慶州東部史蹟地(史跡161)⑥慶州路東里古墳群(史跡38)⑦財買井(史跡246)などがあります。

大陵苑地区は、新羅文化に接することができる六つの金冠・天馬図・グラスや各種新羅土器など、当時の新羅時代の生活ぶりがうかがえる貴重な遺物が出土された新羅文化財の宝庫であるところです。

慶州の注目の記事

ツアーのカテゴリー