区分:仏国寺圏

世界遺産の仏国寺圏

慶州国立公園の一部であり、新羅時代には五嶽のうちの東嶽(東岳)と呼ばれた慶州市最高峰・745メートルの吐含山は、かつて護国の霊山として新羅人たちに神聖視されてきました。この山を中心に広がる仏国寺圏には、歴史深い新羅の遺跡地が散在しており、ユネスコから世界遺産に指定され、慶州を訪れる観光客に最高の観光地として人気を博している仏国寺と石窟庵もあります。

仏国寺圏には東海(日本海)の水平線から昇る日の出がとても綺麗に見える場所に建立されている石窟庵が吐含山の中腹にあり、山の麓には煩悩の世の中に悟りを切り開いた仏様の世界を建築物として表現した仏国寺があります。また、古墳をめぐらしている護石の製作技法が新羅の古墳のうち、もっとも優れたものとして評価されている掛陵、寺院の造成年代が仏国寺より早いと言われる甘山寺などがあります。

慶州の注目の記事

ツアーのカテゴリー