2019年8月20日
韓国わがまま満喫旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

富平カントン市場

国際市場の横にあり、美味しいB級グルメが楽しめる地元の名物市場

釜山南浦洞の海鮮チヂミ
釜山南浦洞の富平カントン市場

釜山にはソウルの南大門市場みたいな何でもありの国際市場があります。国際市場は魚市であるチャガルチ市場から歩いていけるところにあり、車道を挟んで韓国在来市場である富平カントン市場があります。細狭い路地の間に軒を連ねてお店が並んでいて、富平カントン市場を歩いてみるとダイナミックな韓国の食文化について感じることができます。

漬物や魚、雑貨などの韓国伝統市場ならではのものを売っています。

国際市場は植民地解放と韓国動乱という二つの大きな歴史的事件と共にあります。解放後、日本からの物資が溢れ、1950年に勃発した韓国動乱の時には米軍から横流しされた品物が取引されるなど、北から逃れきた避難民たちによって形成された当時は、韓国最大の規模を誇る商品流通の中心地でした。韓国の伝統食器と伝統寝具、工芸品などが多く揃います。

富平カントン市場もやはり、国際市場と歴史が同じです。富平市場は韓国民族衣装を扱う絹織物屋や韓国のキムチや食材料、衣類などを売っている店がぎっしりと立ち並んでいます。

一人しか入れない程の小さなお店が並んでいて、各種輸入製品、特に缶製品や瓶製品を多く置いてある 富平カントン市場の「カントン」とは、日本語で「カン(缶)トン(詰め)」意味で、韓国動乱以後、アメリカ軍が進駐し、多くの軍用物資とともに密輸された商品が多く、その中でも主に横流しされた缶製品が多く販売されたことからカントン市場という名前がつけられたと言われています。

キムパ、お粥、チジミなどの屋台飲食も楽しめます。

今は、電気製品、洋酒、日本のお菓子、食品をはじめとした輸入品がたくさん売られています。 また、市場の狭い路地の間に立ち並ぶお汁粉、カボチャ粥、釜山おでん、キムパ、チジミなどのB級グルメ屋台がショッピングで空いてきたお腹を満たしてくれます。

活気あふれる富平カントン市場で、意外と面白いものが見つかるかもしれません^^。

基本情報
 スポット名  富平カントン市場
 住所  釜山広域市 中区 富平洞2街 11-15, 一帯
 부산광역시 중구 부평동2가 11-15, 일대
 電話番号  051-243-1128(管理事務所)
 休業日  年中無休※店舗により異なる

プサン地下鉄駅チャガルチ駅(자갈치역)の7番出口を出て、最初の角を左に曲がって10分くらいまっすぐ直進しますと左側にカントン市場/깡통시장(富平市場)Bが見えてきます。

コメントを作成します