2019年9月17日
韓国わがまま満喫旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

蔚珍郡

慶尚北道の東北に位置する蔚珍郡は、北は、江原道・三陟市と太白市、西には慶尚北道・奉花郡と英陽郡、南には慶尚北道・盈徳郡と接しています。

代表的な観光スポットには15キロにわたり、繰り広げられている仏影寺渓谷(名勝第6号)と、市内から南のほうに2億5千万年前に生成されたと推定する聖留窟があります。メインの洞窟の長さは約330メートルであり、四方に伸びた小さな洞窟が540メートルに達します。全洞窟のうち、約270メートルが一般に開放されています。

大関嶺の東海岸の関東八景として数えられる望洋亭と越松亭が蔚珍にあります。ほかの関東八景は、江陵の鏡浦台、古城の三日浦、三陟の竹西樓、襄陽の洛山寺があります。

また、韓国国内にも有名な温泉・德邱温泉と白岩温泉があり、 2005年と2009年の二回にわたり、世界親環境農業エキスポが開催されました。エキスポ公園は蔚珍郡・近南面守山里にあります。慶尚北道蔚珍郡は、韓国の代表的な原発地帯であり、厚浦港と竹邊港を中心に蔚珍ズワイガニをはじめとする豊かな水産物が蔚珍郡の自慢です。