2019年5月20日
  • メニュー
  • メニュー

ロケ地

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパークは、チャン・ドンゴンとウォン・ビン主演の映画「ブラザーフッド(韓国名:태극기휘날리며・テグッキフィルリミョ)の北朝鮮の平壤市街地の戦闘セット場として製作され、2004年当時、韓国映画史上最大のヒット作となり、多くの映画ファンがここに訪れるようになりました。...

安東民俗村

安東民俗村

安東民俗村は、安東民俗博物館の野外博物館として安東ダムの建設によって水没される地域の民俗文化財を保存するために1976年に造成されました。 村の入り口には二つのジャンスン(丸太に人の顔を掘ったもの)があり、その横には安東出身の詩人李陸史(1904-1944)の詩碑があります。左手の方に坂を登っていくと道沿いに茅葺きの家や瓦屋の家屋が並び、昔の人々の生活の様子がうかがえます。 民俗村を過ぎさらに坂を登っていくとドラマ「太祖王建」の撮影地があり、撮影に使われた高麗時代の役所、牢獄、民家などを見学することができます。...

羅州映像テーマパーク

羅州映像テーマパーク

羅州市公山面新谷里の栄山江が流れる広い平野が限りなく見渡す山麓に造成された敷地面積14万㎡の大規模を誇る映像専門のテーマパークです。高句麗、百済、新羅の三国時代を背景にしたドラマや映画の撮影のためのオープンセットがであり、三国時代の民俗村として企画されたテーマパークです。 2006年5月、放送されたMBCテレビの「朱蒙(チュモン)」は、放送が延長するなど韓国内で大変人気を集め、高句麗を建国した英雄の神話『東明王朱蒙』を演じた「ソン・イルグク」を一躍スターに浮上させたドラマです。...

海洋ドラマセット場

海洋ドラマセット場

ドラマ「キム・スロ」などが撮影された昌原市の海沿いにある海洋ドラマセット場 2010年4月、6つのエリアに25軒の建築物としてスタートした昌原に位置する海洋ドラマセット場は、2010年5月25日から2010年9月10まで撮影されたドラマ「キムスロ」を皮切りに、2013年から多数のドラマが撮影され、ドラマロケ地として脚光を浴びています。...

正東津

正東津

正東津(チョンドンジン)は、江陵市内から東海岸に沿って南に約18キロほど離れたところにあり、韓国ソウルの光化門から真東に位置する渡し場という意味で名付けられました。 正東津には世界で海に最も近い駅としてギネスブックにも登録されている正東津駅があります。正東津駅は1994年に視聴率60パーセントを超えるTVドラマ「砂時計」の舞台となり、多くの観光客が訪れる観光名所になりました。特に新年(1月1日)になると初日の出を見に来たたくさんの観光客で賑わいます。 基本情報 スポット名 正東津 정동진 住所 강원도 강릉시 강동면 정동진리 江原道 江陵市 江東面 正東津里 電話番号...