韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

ソウル

ソウル石村洞古墳群

百済初期に造成された高句麗式の百済積石塚  ソウル地下鉄8号線の蚕室(チャムシル)駅から一つ目の駅である石村(ソッチョン)駅の7番出口を出て徒歩10分以内の場所にあるソウル石村洞古墳群は、百済がソウルの漢江流域に都を定め、百済初期に造成された高句麗式の積石塚です。この一帯は1916年、調査当時には90基ほどの多くの積石塚と土坑墓が分布しており、「石村」という町の名前も積石塚が多いということから由来されました。...

漢城百済博物館

漢城百済博物館

オリンピック公園の内に位置する初期百済の夢村土城を中心に展示! こんにちは、ソウル市の松坡区には、漢江流域を拠点とした初期百済時代の風納土城、蒙村土城、石村洞古墳群などの遺跡が多く残っていますが、初期百済時代の遺物を保存、管理するために風納土城の付近に2012年4月30日に開館した漢城百済博物館があります。...

百済住居址展示館

百済住居址展示館

ソウル市 松坡区 芳荑洞のオリンピック公園の中にある百済初期の土城・夢村土城(モンチョントソン)から発掘された百済の住居址遺跡。 百済が古代国家として位置づけした百済漢城時期(B.C 18~A.D 475)の貴重な遺跡地の一つ。 1983年から1989年まで行われた総6回の発掘調査の結果、当時この城の中に住んでいた人の12か所の竪穴住居址と一緒に4か所の建物址、30か所あまりの貯蔵用の穴が確認されました。その内には円筒形の器台、三足土器などの土器類と刀、槍などの鉄製武器類そして骨でつくった甲が出土されました。...

ソウル芳夷洞古墳群

ソウル芳夷洞古墳群

ソウルの漢江流域にある百済初期と新羅時代の墓が集った古墳群 こんにちは、ソウルロッテワールドやロッテワールドタワーなどが位置する蚕室(チャムシル)から東南へ約1.8キロの場所に三国時代の古墳群があります。古代国家の百済初期の都城があったと推定している松坡区の芳夷洞一帯の丘陵地帯に広がる「ソウル芳夷洞古墳群」は、8基の古墳があり、市民たちが散策できるように綺麗に整備されています。...

夢村土城

夢村土城

緑たっぷりの広大なオリンピック公園内にある百済初期の夢村土城 こんにちは、韓国ソウルといえば、ソウルの中心部に位置する景福宮など、李氏王朝時代の文化財を思い出しますが、2017年4月にオープンする韓国最高層ロッテワールドタワーから地下鉄一つ目の駅のところに初期百済時代のお城、夢村土城(モンチョントソン)があります。...