韓国釜山旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

浦項市

浦項市(Pohang-si 포항시)は、慶尚北道東海岸の港湾都市

元々は漁港であった浦項市でしたが、1970年代初頭にPOSCO(浦項製鉄所)が誕生してからは、韓国有数の工業都市として発展してきました。東洋最大級のPOSCO(浦項製鉄所)やテクノロジーの分野で有名な浦項工科大学があり、浦項港は鉄鋼関係の輸出入が多いです。

交通は韓国高速鉄道(KTX)浦項駅があり、バスはソウル方面に行く浦項高速バスターミナルと釜山やテグ等に行く浦項市外バスターミナルがあります。また、浦項港からはウルルン島への船が毎日出港しています。

韓国浦項の冬の味!九龍浦クァメギ(サンマの生干しの生食)、ズワイガニがこの街の名物です。また、韓半島の最東端に位置しているホミコッ(虎尾岬)は、初日の出の名所として有名です。

人口 519,031名(2014年)
面積(㎢) 1127.92
主なスポット 虎尾串日の出公園 / 九龍浦日本式家屋通り / 竹島市場 / POSCO浦項製鉄所 / 宝鏡寺
名産品 刺身 / 海鮮鍋 / クァメギ(サンマの干物)
交通 釜山東部市外バスターミナルから約90分。
釜山駅からKTXで東大邱駅へ行き(約48分)、東大邱駅からKTXで浦項へ(約35分)。

九龍浦近代歴史館

1920年代、日本の香川県から九龍浦に移住してきた橋本善吉が日本の建築資材で建築した日本式木造家屋 浦項市内から東の海岸に位置する小さいな漁港の九龍浦があり、九龍浦近代歴史館として使われている橋本善吉の2階建ての家屋は約100年前の九龍浦の街並みをうかがうことができる日本式木造家屋です。 1920年代、日本の香川県から九龍浦に移住してきた橋本善吉は日本から建築資材を直接持ってきてこの家屋を建てました。今はなくなったけど銭湯や息子たちが居住してた建物があったくらいにその規模が大きくて華麗な建物だったそうです。...

迎日冷水里古墳/迎日冷水里新羅碑

新羅時代から重要な交通路であった慶州市 安康方面から東海岸に向かう通り道に位置する冷水里(ネンスリ)古墳は、6世紀前半につくられたと推定する新羅時代の古墳です。古墳群が分布している神光面(シングァンミョン)一帯は慶州勢力の東海岸への進出の拠点とした勢力と関連のある多数の遺跡が残っています。 冷水里古墳はソウル漢江の南で発掘調査された橫穴式石室墳としては最大級の規模であり、封墳は高さ約7メートル、直径25メートルで主室と副室があるユニークな内部構造をもつ古墳です。管装飾・金の指輪など多くの遺物が出土され、この地域の支配層の古墳と推定しています。...