2019年5月20日
  • メニュー
  • メニュー

居昌郡

居昌郡

居昌 陽平里 石造如來立像

統一新羅の末期に作られた背の高い仏様 居昌郡市内から東の端に位置する陽平里の老惠村(ノヘマウル)。昔、ここには老惠寺(ノヘサ)または、金陽寺(グムヤンサ)というお寺があったと伝わっています。礎や石灯などの遺構だけが残っているお寺の址には背の高い仏様が立っておられます。全体の高さ3.7メートルの統一新羅時代の仏像(石造如来立像)が千年以上の歴史を持ったままこちらにに立っています。...

居昌開封古墳

居昌郡に位置する伽耶後期の古墳  こんにちは、大伽耶の池山洞(チサンドン)古墳群が位置する高霊郡(コリョンぐん)から光州市の方面へ車で約30分ほど走らせた場所にある居昌開封(ゴチャンゲボン)古墳は、居昌郡(ゴチャングン)市内から北にある海抜200メートルほどの小高い丘陵に造成された伽耶後期の古墳です。...

居昌博物館

1989年5月に遺物展示館に開館した居昌博物館は1993年4月に博物館に昇格しました。総1,200余点の遺物を所蔵しており、95%以上が伽耶国に属した居昌郡内で集めたものです。 敷地2,676坪、建坪250坪、2階韓屋造りの本館第1展示室には、先史時代の石器と原三国時代から高麗初までの土器類300点、高麗と朝鮮時代の陶磁器類200余点、高麗時代の青銅器20余点などが展示されています。ここに保存されている1864年(高宗元年)版「大東輿地図」は慶尚南道有形文化財第275号に指定されました。 第2展示室には、1971年居昌郡 南下面...