2019年8月18日
韓国わがまま満喫旅行ガイド「釜山ナビ」
  • メニュー
  • メニュー

忠州市

忠州市[ Chungju-si 충주시 ]

中原彌勒里三層石塔

新羅時代に慶尚道と忠淸道を結ぶ南北交通路の中心として活躍したハヌルチェの忠州​市・彌勒里の忠州彌勒大院址の石窟寺院から東側に500メートルほど離れたところにある高さ3.3メートルの新羅様式を充実に従った素朴な高麗初期の三重石塔です。

スポット名中原彌勒里三層石塔중원미륵리삼층석탑住所忠淸北道 忠州​市 上芼面 彌勒里 58충청북도 충주시 상모면 미륵리 58電話番号043-848-5508詳細情報高麗時代/충청북도 유형문화재 제33호

元祖中央塔マックッス

元祖中央塔マックッス

こんにちは、忠淸北道 忠州市で新羅時代に作られた唯一な七重石塔があり、1592年、慶尚道からソウルに至るもっとも早い道だと言われた嶺南大路の鳥嶺峠を超えて進軍した豊臣秀吉の朝鮮出兵の祭、激しい戦闘が繰り広げられた彈琴台が位置する忠州市で味わえるマックッスです。蕎麦粉で作った麺が特徴の冷たい麺料理で、その地方によって作り方や食べ方などが少し違うですが、忠州市のマックッスは、体に優しい健康野菜・そばの芽が入ったマックッスです。 メニュー  メミルサッマックッス/메밀싹막국수 そばの芽入りのマックッ​  水マックッス6,000ウォン ビビッマックッス6,000ウォン...

忠州高句麗碑展示館

忠州高句麗碑展示館

こんにちは、1階建ての忠州高句麗碑展示館は、5世紀に高句麗が刻んだ高句麗碑を保存・展示するために2012年に開館されました。忠州は、高句麗の時期には国原城だったのですが、新羅がこの地域を取り戻した後に中原京に改称しました。中原高句麗碑の中原は、忠州市と中原郡に分離されていた時期に発見されたので、一般的に「中原高句麗碑」とも呼ばれたりもします。 韓国で内唯一に残っている高句麗の忠州高句麗碑は、高句麗の第20代の長寿王(在位:413年 – 491年)が南漢江流域にあった複数のお城を攻略して落とした後に建てた記念碑として知られており、1979年、忠清北道 忠州市...