• メニュー
  • メニュー

安東河回村

慶尚北道 安東(アンドン)の観光地といえば安東河回村(アンドンハフェマウル)というほど有名なところで、洛東江がまるで村を取り囲むように流れているため河回村と名付けられました。また、安東河回村は、2010年に慶尚北道・慶州市の慶州良洞民俗村と共に世界文化遺産に登録されました。

河回村は朝鮮時代の両班(ヤンバン:昔の貴族階級)の伝統家屋や庶民が住んだ藁葺き家屋などが昔そのままの姿で残っている村で、民俗村のように人工的に作られた村ではなく、今もなお人が実際に暮している生きた文化財です。村全体が重要民俗資料に指定されており、2010年、慶州良洞村とともにユネスコ世界文化遺産に登録されました。

昔の家屋を一軒一軒見ながら村を回っていると昔の人々の息遣いが感じられる河回村は、柳雲龍、柳成龍兄弟など、豊山 柳(プンサン リュ)氏家門から有名な偉人を多く輩出したため、豊山 柳氏の村としてもよく知られています。

宝物の『養眞堂』と『忠孝堂』

河回村の主な見どころは宝物として指定されている『養眞堂』と『忠孝堂』などがあり、『養眞堂』は柳雲龍も住んだ豊山 柳氏の宗宅で1600年代に建てられました。

『忠孝堂』は柳成龍の死後、柳成龍を偲んで建てられた建築物で柳成龍の遺品などが展示されています。この他にも『南村宅』『北村宅』『主一斎』など、重要民俗資料に指定された古宅が多くあり、柳成龍の13代孫に当たるリュ・シウォンの実家もあります。

河回村の仮面劇(河回別神グッ・タルノリ)

河回村の入口にある特設公演場で仮面劇(河回別神グッ・タルノリ)が行われます。韓国語でタルと呼ばれる仮面をつけて行うもので、河回村では12世紀の中頃から庶民によって伝承されてきました。

庶民はこの仮面劇によって神様を喜ばせ、村の災いを退けて福を得ようとしました。仮面劇の内容は、両班や学者の虚偽性を暴露して風刺するなど、被支配階層の庶民の生活の哀歓がユーモラスな動作で演じられ、人々の笑いを誘う楽しいものとなっています。

1月~2月 毎週土・日曜日 14:00~15:00
3月~12月 毎週水・金・土・日曜日 14:00~15:00 観覧料は無料

多くの映画やドラマが撮影された芙蓉台(プヨンデ)

河回村をゆっくりと見回したら、韓国時代劇のドラマや映画のロケ地として人気を集めた対岸の海抜65メートルの芙蓉台に上がるのをお勧めします。

河回村をS字の形で囲んで流れる洛東江をわたる渡船を利用したほうが一番良いのですが、船が出ない場合は、5分くらい車を走らせて川をぐるりと廻って行きますと芙蓉台の絶壁の下に辿り、そこに位置している華川書院の裏道から約5分ほど山登りをすると河回村を一望できる芙蓉台があります。

韓国釜山出身の俳優であるチャン・ヒョクが主演したKBSドラマ「チュノ」、ベ・ヨンジュンンの映画「スキャンダル」、ハ・ジウォンのKBSドラマ「ファン・ジニ」などの映画やドラマが河回村の芙蓉台と芙蓉台の絶壁の下にある玉淵精舎で撮影されたため、多くのファンたちが訪れる観光地になっています。

堂(サムシンダン)

古くから村の人々に厚い信仰の対象となった村の中心部に位置する参神堂(サムシンダン)には樹齢600年の大きなケヤキがあり、ここで毎年、陰暦の1月15日になると、参神堂を祭る村祭りが行われました。村の安寧と豊年、無病長寿を祈ったそうです。

安東の塩サバ焼きと安東チムタッ

韓国の伝統文化が触れる世界遺産の安東河回民族村の名物といえば、美味しい安東の名物であるサバの油が適当にのっている柔らかい身の安東塩サバ焼き(アンドン カンコドゥンオ)と安東チムタッ(アンドンチムタッ)です。

民俗村のお土産屋さんと食堂

村の大型駐車場から村の入口までは、約1キロほど離れており、シャットルバスが運行されています。運賃は観覧料に含まれています。

基本情報
スポット名 安東河回村(アンドンハフェマウル)
안동하회마을
住所 慶北安東市 豊川面 河回里 257
경북안동시풍천면하회리257
電話番号 054-852-3588
時間 (夏)午前9時~午後7時 (冬)午前9時~午後6時
入場料 大人5,000ウォン/青少年2,5000 ウォン/子供1,500ウォン
交通
安東バスターミナルの近くにある一般市内バス46番利用。
サイト

コメントを作成します