홈 > コミュニティー > 釜山フォト
釜山フォト

国立慶州博物館で百済遺跡特別展が開催へ

慶州 2017年03月09日

 こんにちは、2015年ユネスコ世界遺産になった百済歴史遺跡地区の重要遺物が国立慶州博物館で展示されるようになりました。2017年3月7日から5月7日まで国立慶州博物館の特別館で開催される「世界遺産・百済」特別展は忠清南道公州市と扶余郡、全羅北道益山市に位置している様々な百済遺跡が展示されます。

 

百済の地は釜山からかなり遠くてなかなか行きづらい場所ですが、今回の展示会で新羅の文化財はもちろん、百済の貴重な遺物も一党で観覧できるようになりました。桜が咲く4月に慶州にいらっしゃる方はぜひ、国立慶州博物館で立ち寄り、燦爛たる仏教文化を咲かせた新羅と百済の世界遺産に出会ってみませんか 

 

観覧料は無料! 

国立慶州博物館 http://www.busannavi.jp/tour/item.php?it_id=1310807656

忠清南道扶余郡 http://www.busannavi.jp/tour/list.php?ca_id=ko5010

忠清南道公州市 http://www.busannavi.jp/tour/list.php?ca_id=ko5020

全羅北道益山市 http://www.busannavi.jp/tour/list.php?ca_id=ko4030 

 

国立慶州博物館の特別館 

 

特別展「世界遺産・百済」は、2017年3月7日から5月7日まで開催されます。 

 

全羅北道 益山市の弥勒寺址5重石塔から出土された当時の金製舎利壺 

 

金製舎利の外壺と内壺

 

百済第25代の武寧王の金製冠飾 国宝第154号 

 

 忠清南道 扶余郡の扶蘇山城で発掘された金銅光背

 

全羅北道 益山市の王宮里5重石塔から出土された舎利瓶と金製方盒 国宝123号

 

 

0 Comments     0.0 / 0
Facebook Twitter GooglePlus